ニュース

この欄では、セミナー、視察、講演の日程や、その他のプロジェクトに関するニュースをお知らせします。


参加者募集(催行決定!):MIT視察セミナー企画 「ポストFITの再エネ・省エネ事業」2017年6月6日~11日

 ミット・エナジー・ヴィジョンでは、2017年6月に下記の日程で募集型での視察・セミナーを企画しました。

 

テーマは「ポストFITの再エネ・省エネ事業」で、下記のようなプログラム概要を予定しています。(ダウンロード用PDFはこちらから

 

ドイツでは小型PVを除いてFITが終了し、FIP・入札制度に移行しています。そんな社会の中での法制度、新事業モデル、進捗中の新しいプロジェクトなどについて視察とセミナーの機会を提供します。

 

催行は決定していますが、あと数名の参加をお受けすることができます。

参加をご希望の方は弊社にメールでご一報ください!!

 

 

●プログラム概要

 

6月6日(火) 到着日

夕方(18時ごろまでを想定)、フランクフルト空港第一ターミナル到着ロビーBのミーティングポイントに集合

貸し切りバスでホテルに移動(滝川)

泊:マインツ郊外の農村部

 

6月7日(水) マインツ近郊とフランクフルト市  担当:滝川

午前:太陽光発電業者にて自家消費型太陽光発電事業と蓄電池設置事業についてプレゼン

午後:フランクフルト市の集合住宅団地における太陽光電力の賃貸人への販売事業(賃貸人販売モデル)についてのレクチャーと視察

泊:黒い森北部

 

6月8日(木) 黒い森北部  担当:池田

午前:北シュヴァルツヴァルトの市民エネルギー協同組合による配電インフラ新設、熱供給事業(レクチャーと視察)

午後:中部シヴァルツヴァルトの市民エネルギー共同組合による再エネ電力の直売、賃貸人電力、産業における自家消費事業(レクチャーと視察)

泊:フライブルク市内

 

6月9日(金) フライブルク市周辺  担当:村上

午前:小規模ガスコジェネによる地域暖房とその電力の使用について(コジェネの設計手法と地域熱供給)

午後:

①ヴァインガルテン住宅地の省エネ改修と地域暖房、ヒートステーションの視察でセクターカップリングについてレクチャー

②フライブルク技術市役所のプラスエネルギー建築、EVによるカーシェアリングの躍進について解説

③再エネのFIP&入札制度の振り返り、取りまとめ、それにより生じたバーチャル発電所VPPと電力市場2.0について

泊:フライブルク

 

6月10日(土) フライブルク

午前:視察セミナーのまとめとワークショップ(池田・村上)

午後:フライブルク市内での自由時間

泊:フライブルク

 

6月11日(日) フライブルク

午前:希望者への追加レクチャー:ゾンネン社のバッテリーと小型蓄電池を利用したVPP「ゾンネンコミュニティ」について(村上)

※希望されない方は日曜日・朝のフライブルク市内をご自身でゆっくりと散策

 

昼頃:それぞれのフライト時刻に応じて、フランクフルト空港へ鉄道で移動

 

※プログラムは現在調整中です。訪問先の都合によって変わる可能性があります。

 

 

●参加費用:2600ユーロ(現地集合、現地解散、シングル利用)

 

●お問合せ:info@mit-energy-vision.com

 

●キャンセル規約

1.メール連絡などで確定した正式なお申し込みの後にキャンセルされる場合は、申し込み手数料として発生する500ユーロを除いた残りの参加費(ホテルがシングルの場合:2600ユーロ-500ユーロ=2100ユーロ)は返金されます。入金手続きがまだであっても、500ユーロは入金していただきます(ホテル予約、バス予約、およびそれらのキャンセルなどにおける業務が発生するため)。

 

2.ただし、セミナー開始の4週間前にあたる2017年5月9日以降にキャンセルされる場合の返金については以下のようになります:

5月9日以降 参加費2600ユーロの10%(260ユーロ)+500ユーロ=760ユーロは返金されません

5月16日以降 参加費2600ユーロの20%(520ユーロ)+500ユーロ=1020ユーロは返金されません

5月23日以降 参加費2600ユーロの50%(1300ユーロ)+500ユーロ=1800ユーロは返金されません

5月30日以降 参加費2600ユーロの70%(1820ユーロ)+500ユーロ=2320ユーロは返金されません

なお、6月6日のセミナー開始当日からセミナー途中でのキャンセルについては、全額返金できません。

 

3.ご入金は、正式な申し込み後に請求書を作成し、送付しますが、セミナー開始一月前の5月9日までにお願いします。

 

※このMIT視察セミナーのプログラムがはじまる直前の5月31日(水)~6月2日(金)は、ドイツ・ミュンヘンにおいて欧州最大規模のソーラーメッセ『インターソーラー』が開催されます。昨年はテスラ社のバッテリーが脚光を浴びたように、今年の注目は、Sonnen社のバッテリー&ヴァーチャル発電所になることでしょう。

http://www.intersolar.de/en/home.html

MIT視察セミナーと合わせてこちらも訪問されると、ドイツ再エネ市場の「今」を垣間見ることができるでしょう。また、「インターソーラー」のアテンド・通訳もMITでは引き受けています。こちらも個別にお問い合わせくださいませ。

 

 

Download
MIT中欧セミナー2017 06 開催案内 詳細版.pdf
Adobe Acrobat Dokument 455.0 KB

MITネットワーキング会議を開催しました

第1回MITネットワーキング会議を開催しました

2015年5月26日、新橋の社団法人クラブヴォ―バン会場にて、第1回MITネットワーキング会議を開催し、大変好評を頂きました。

 

MITの視察に参加された方々の中には、日本各地で分散型の再エネ・省エネ事業に取り組む方が増えてきています。そのような中、こういった方々のプロジェクト発表を通して、MITのお客様の間で経験を共有・交換する同窓会のような場を作りたい、そしてお客様に横の関係を構築して頂きたい。そんな想いから、MITは今回の会議を企画しました。

 

当日は日本全国から約30名のMIT視察参加者が集まって下さいました。7名の発表者の方々には、様々な形の市民出資の太陽光発電、小水力や電気自動車、地域熱供給、集住化、省エネ建築、地域のエネルギー公社設立といったテーマで、日本各地の多様かつ革新的な取組の事例をご報告頂きました。

 

ディスカッションでは、ドイツ再生可能エネルギー機関で広報を務める梶村良太郎さんに、ベルリンの視点からコメンテータを務めて頂きました。懇親会でも、様々な専門分野で活動されている参加者の間で熱心な情報交換に花が咲き、変化発展する日本のエネルギーヴェンデが肌で感られる密度の濃い半日となりました。

 

参加者の方々からは、「様々な取組をされている方と出会えたことが最も良かったことです」、「各地の具体的な動きを知ることができた」、「自分の知らない分野のことを学べた」、「自分達で動く手がとても大事だと改めて感じた」、「生の声が聞けた」、といった感想を頂きました。

 

MITでは、今回得られたフィードバックを活かして、来年以降の新な企画に結び付けて行きたいと考えています。

 

全国からお集まり頂き、オープンに経験を語って下さいました発表者とコメンテータの皆さま、そして会の進行を全面的にサポート頂きました一般社団法人クラブヴォ―バンの皆さま、どうもありがとうございました!

Download
当日のプログラム
Programm_MIT_Networking_260515.pdf
Adobe Acrobat Dokument 263.3 KB

2014年の募集型MIT中欧視察セミナーからのご報告

ドイツ、スイス、オーストリアの市民や地域が主体となったボトムアップによるエネルギー・ヴェンデ(=社会変革を含むエネルギー大転換)は、政治的なブレーキや、一部の偏った報道やプロパガンダにまったくめげることなく、確実に広がっており、大きな社会潮流となっています。

 

MIT Energy Vision社では、毎年、募集型セミナーを企画しています。2014年10月に実施した中欧視察セミナーNo.6には、日本でエネルギー•ヴェンデ(大転換)を目指し活動されている方々、勉強されている方々総勢12名が参加され、大きな収穫があったと評価を受けました(写真下)。

 

今回は、ラインラント-プファルツ州とバーデン‐ビュルテムベルク州の各地域にて、ドイツのエネルギー・ヴェンデについて、再エネ・省エネ事業のこれまでとこれから、そして持続可能な資源利用や地域発展政策といった側面から、現場の声を聴き、設備を体験し、ディスカッションを通じて理解を深めました。また、一週間の視察を通して、参加者の方々の間では盛んな意見や経験の交換が行われました。

 

今回の視察プログラムは下記のリンクからご覧になれます。

Download
2014年募集型視察セミナーのプログラム
201410_MITSeminar.pdf
Adobe Acrobat Dokument 1.6 MB